FC2ブログ

FC2カウンター

ブログ村

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

プロフィール

管理人

Author:管理人
PL青空支所へようこそ!会員の情報交換の場としてご自由にお使い下さい。

楽天ICHIBA

楽天トラベル

FC2アフィリエイト

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブログランキング ドット ネット

流行り病を超越しよう5

新型コロナウイルス第2波の脅威に負けないように、世界的免疫学者安保徹先生の著書「免疫革命」の中からまだ未紹介の部分を学んで行きましょう。

「生命を育み体調を整える3つの体内システムを理解せよ」
それでは真に患者のためになり、医師が自信を持って取り組める全人的医療を目指すには、何が必要なのでしょうか。
統合医療にきちんと取り組めるかどうかは「身体というシステムを全体的に捉え、その働きを統合的に捉えられるか」ということにかかっていると思います。例えば人間の身体には、身体の全体を網羅できるシステムが沢山あります。「身体の働きをまるごと網にかけて逃さず捉えているようなシステム」がありますから、それを理解することが肝心です。例えばこの本で取り上げる自律神経系のシステム、白血球のシステム、代謝エネルギーのシステム等がそうです。これらを理解することで「身体の仕組み、病気のメカニズムを捉えることが出来るようになります」。
例えば代謝エネルギーのシステムとは「エネルギーを消費・蓄積するシステム」です。人間が生きて行くという意味では、実は身体の中ではこれ以外の行動はありません。「エネルギーを取り入れて使って、余剰があればためるし、足りなくなれば蓄積分から取り出して使う」。細胞というミクロのレベルも含めて、身体の全ての活動がこのエネルギーのシステムに依っています。ということは、ありとあらゆる活動がこのシステムと共にあるわけですから「あらゆる疾患も必ずこのエネルギーのシステムと関わっている」わけです。この視点から見ていくと「エネルギーの過剰消費とか、あるいは過剰蓄積とかで身体の活動が破綻をきたして行く様子も分かって来る」し、するとそこから様々な病気との繋がりが理解出来ます。エネルギーのシステムを捉えれば、人間の身体で起こることを、決して見逃すことはありません。

※新型コロナウイルスの正体が不明で治療薬も見つからない昨今、私達個人がこのウイルスに感染しないためには「私達の生命を育み体調を整える3つの体内システム」を理解し自己防衛することから始まります。
さあ安保徹先生の著書「免疫革命」を参考にして、自分自身にとって唯一の逞しい味方「自己免疫力」をアップするために共に理論武装して行きましょう!

ーーーーー反撃の虚人ーーーーー

スポンサーサイト



流行り病を超越しよう4

新型コロナウイルス第2波の脅威に負けないように、世界的免疫学者安保徹先生の著書「免疫革命」の中からまだ未紹介の部分を学んで行きましょう。

「今の医療は薬に頼り切っている」
私達が病気になると熱が出たり、痛みが出たり、下痢をしたり或いは咳が出たりと色々な症状が現れます。どれも患者さん自身にとっては辛い症状です。医師の方には、何とか苦しみを取って上げたいという気持ちがあり、その気持ちを形にするべく、現代医療は過去数十年にわたり症状を徹底的に薬で取り去るという方向に進んで来ました。
しかし私が仲間の医師達と研究を続けてきて分かったことは「そういう辛い症状こそ実は治癒のために必要なものだ」ということでした。そうした苦しい症状を通してこそ病気は治癒へ向かうというのが「生き物としての人間の病気からの脱却の自然なプロセスだった」のです。するとこれまでの現代医療は症状を無闇に消すことばかりに専念してきたために、結果として治癒とは正反対の方向に向かっていたことが分かって来ました。そしてそれが患者に却って深刻な苦しみを与えていることも見えて来たのです。
痛む、熱を持つ或いは赤く腫れ上がる、湿疹が出るということは「血流が増えて言わば身体が燃え上がっている状態」です。こういう時は実に不快です。例えば熱が出ると必ず身体がだるくなります。熱が上がると横にならざるを得ない程具合が悪くなります。しかしその症状こそ「患部に血流を送って治癒を起こそうとしている体の自然な治癒反応だ」と理解することが大切です。熱があるから、痛みがあるからこそ、治癒に向かうのです。逆に「熱を抑えるということは、代謝を抑制して身体を冷たくして行く反応」です。ということは熱が無ければ治癒も起こりません。このことが分かれば「やたらと薬で症状を抑え込むことは決して身体に良いわけではない」ということが分かってきます。対症療法が本当の治癒をもたらさない仕組みは、こういう訳だったのです。

※最近は新型コロナウイルス感染防止のために、病院に通って薬をもらう人が激減しているそうです。ひと頃は薬をもらうために病院通いを日課にして、薬付けの日々を過ごして病気自己製造者の高齢者がたくさんいました。薬付け社会日本が様変わりして健康な高齢者が増え、国家の医療費負担軽減にもなり良いことです。
神様が授けて下さった私達の身体は、無病息災がなによりです。日頃から健康に気を付けて、軽いウォーキングや日光浴をして免疫力を高めている方は、新型コロナウイルスにも負けません。但しウイルスという敵は「たまには仲間と一杯やって陽気に楽しみたい」という私達の欲望の隙間に秘かに入り込ん来ます。本年は私達の自重自戒の心を鍛える良いチャンスです。

ーーーーー反撃の虚人ーーーーー

流行り病を超越しよう3

新型コロナウイルス第2波の脅威に負けないように、世界的免疫学者安保徹先生の著書「免疫革命」の中からまだ未紹介の部分を学んで行きましょう。

「身体と生命を全体的に捉える免疫学を目指して」
私は医療の現場で役に立つ、本当に病を治すことに繋がる研究があると信じて研究をして来ました。そして細分化されて行き過ぎ、たこつぼ化した分析的研究とは違う、もっと全体的に生体の働きを捉える免疫学の研究に進んで来ました。この道へ進むきっかけは「白血球の自律神経支配の法則」をきちんと把握したことでした。この発見から免疫システムの全体像がつかめて病気の本体が見えてきたように思ったのです。勿論この研究は私1人で達成したものではありません。東北大学講師だった故斉藤章先生の「生物学的2進法の研究」や、さらに私が新潟に来て出会った福田稔医師の「気圧と感染症の研究」に多くを負っています。そしてこの方向に研究を進めるうちに、原因不明と言われていた難病の原因がはっきり見えて来たのです。

※本年5月27日に当ブログにてご紹介した「気圧」関連の箇所を今一度チェックしました。
「私は若い時に交感神経と副交感神経が1日の間に交代するように活性化していることを発見し、自律神経や白血球の日内リズムの研究として発表しました。続いて自律神経が気圧の変化にも影響を受けること、1週間から10日位のリズムでも動いていること、さらに1年の内でも変化していることを研究しました。つまり自律神経というのは、いつも揺さぶられているわけです」「また高気圧は交感神経を緊張させ、低気圧は副交感神経を活性化させますから、お天気のいい時は活動的になったり社交的になったりして頑張りもきくけれど、雨の日は1人になって自分を見つめるような静かな時間にして使いたいと思うのが自然です。またそんな自然の感覚に従って行くのが健康でいるための秘訣だと思います」
これから梅雨も明けて太平洋高気圧に覆われた交感神経緊張の活動的な日々が続きます。新型コロナウイルスはそんな口角泡を飛ばす活動的な人の隙を狙っています。「君子危うきに近寄らず」で自粛が一番です。

ーーーーー反撃の虚人ーーーーー

流行り病を超越しよう2

新型コロナウイルス第2波の脅威に負けないように、世界的免疫学者安保徹先生の著書「免疫革命」の中からまだ未紹介の部分を学んで行きましょう。

「古いようで新しい免疫学の歴史」
19世紀半ばから20世紀初頭にかけて免疫学に大変な勃興期が訪れました。感染症は微生物によって引き起こされるもので、さらに「1度感染した動物は生き残った場合、抵抗性を獲得することがある」ということをパスツールが発現して、免疫学の発展が始まったのです。実はその100年前にジェンナーが天然痘の予防のために種痘をするという発見をしていましたが、その時は病気自体が微生物で起こるという概念がなかったために、予防接種自体の行為はあっても免疫学としては発達しませんでした。ですから免疫学の発展の始まりは、パスツールがもたらしたものです。パスツールの次に功績が大きかったのは、結核菌を見つけたコッホです。コッホは「感染症は微生物が起こすもので、治ったのに再度病気が起こりその時は軽症で治ったという動物や人の血清中には、その病気を予防する抗体というものが出来ている」ということを発見しました。
ところがそれから免疫系や免疫細胞の研究が発展するまでには、随分時間がかかりました。リンパ球が関わる免疫の仕組みが研究されるようになったのは意外に遅く、1960年代に入ってからのことです。胸腺や骨髄で作られるT細胞やB細胞等の免疫細胞が見つかるまでは、免疫血清を作るために抗体についてばかり研究している学問で、それはむしろ免疫学というよりは血清学と呼ばれるべきものでした。そんな時代が1960年代まで約60年続きました。それが1960年代にリンパ球と免疫の関連が見つかったことで、免疫学に新しい地平が開けて来ました。
T細胞とB細胞の発見の後も様々なリンパ球が見つかりました。NK細胞が見つかりましたし、1990年代には私も仲間の研究者達と共に「胸腺以外の場所で分化する胸腺外T細胞」という細胞を発見しました。相前後してT細胞は、抗原を見つけてB細胞が抗体を作るのを助けるヘルパーT細胞と、抗原を取り除く傷害性T細胞があるということも分かって来ましたし、更にはヘルパーT細胞にはTh1とTh2という種類があることも分かって来ました。
また今度はリンパ球の種類が網羅されるだけでなく、リンパ球が使う抗原を認識するタンパク質の研究や、リンパ球の産生に関わる遺伝子の研究が進みました。例えば利根川進が抗体の多様化の謎を解いてノーベル賞をもらったのも、そうした研究の一環です。それからリンパ球とリンパ球が働くために必要な伝達物質であるサイトカインの研究も進みました。

※サイトカインについては、本年4月7日に当ブログに投稿済みですが一部再掲載致します。「では抗原が入って来たことを休んでいるリンパ球はどうやって知るのでしょうか。その働きを担っているのがサイトカインという物質です。サイトカインは生体内活性物質の1つで、マクロファージとリンパ球の間或いはリンパ球同士の間の情報を伝達する高分子の物質です。インターフェロンとかインターロイキン・TNF等今では50種類程見つかっています」
安保徹先生の著書「免疫革命」のお陰で、サイトカインについてもコロナ報道に先駆けて投稿することが出来ていましたので有難い限りです。

ーーーーー反撃の虚人ーーーーー

流行り病を超越しよう1

新型コロナウイルス第2波の脅威に負けないように、世界的免疫学者安保徹先生の著書「免疫革命」の中からまだ未紹介の部分を学んで行きましょう。

「病気の本当の原因はストレスだった」
私は25年に渡って免疫学を研究して来ました。現在まで、免疫学も他の医学研究と同じく、分析的な研究に邁進して来ました。しかし私はもっと総合的な視点から病気の根本的な謎を解き、その真の治癒に役立たせたいという思いを胸に研究を続けて来ました。そして1990年代に「白血球の自律神経支配の法則」を発見しました。ここから「人間の病というものがどうしておこるのか」という全体的な仕組みが見え始め、同時に「なぜ現代医学が病を治癒させないのか」という問題点も明らかになって来ました。特に患者数が増加の一途を辿っているガンやアレルギー疾患や膠原病等では、現代医学と現代医療が病を治すどころかむしろ悪くする悪循環をもたらしていることも分かつてきたのです。
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っています。しかし精神的・肉体的ストレスがかかると、そのバランスが交感神経優位へと大きくぶれ、それが白血球のバランスを崩して体内の免疫力を低下させます。このメカニズムが理解できると、現代生活がもたらすストレスが免疫力を低下させ、それが病気を起こすことも実証的に明らかにし、理論立てることが出来ます。病気というものの殆どの発症のベースを作っているのは、ストレスに他なりません。逆に言えば、ストレスを取り除かないことには、病気が根本から治癒することはありません。もし薬を使って一時的に症状を抑えることが出来たとしても、ストレスがある限りその病気の芽は摘まれることがないのです。また現代医学の強い薬を使用すれば、その薬の成分自体が身体にストレスをかけることにもなるのです。
こうしたメカニズムが不明なままで経験的に理解されて効果を上げているのが、民間療法的な免疫療法及び代替医療の現状ではないでしょうか。免疫療法、代替療法に携わる医師も患者も、科学的・理論的な裏付けが無いために、どこかしら曖昧な気持ちを抱えながら治療に取り組んでいるのではないかと思います。しかしもしこのメカニズムをきちんと理解すれば、もっと積極的にこうした治療に取り組み、病を治すことが出来るでしょう。それは免疫療法の効果をさらに上げることに繋がります。また病にかからない体調を作る生き方を提案して行くことにも繋がります。
自律神経と連動して働くリンパ球と免疫システムの仕組みや、様々な病気の治療方針については各章で詳しく説明して行きますが、まずこの章では現代医学がどうして病気を治せないのかという問題を出発点にして、免疫力がなぜ病気を癒すのか、その全体像を把握してもらいたいと思います。

※新型コロナウイルスが再び猛威を奮い始めました。感染しないようにお互いに日々細心の注意を払って行きましょう。このウイルスは変幻自在の厄介者で侮ることは大変危険です。よって自分自身の身体は自分で守るしかありません。そのためには自分の身体の免疫力を高めることに最大限の努力を致しましょう。その免疫力に関する知識向上のお役に立てれば幸甚に存じます。

ーーーーー反撃の虚人ーーーーー

どすこいホタカガンガン行こう!

古神道由来の数霊術姓名判断により西武ライオンズの山川穂高選手を占います。
「祖先運」
ヤマカワ=11は大吉数の堅実運です。長所は堅実・王道・安定、短所は急激な発展はない。この11は陰陽のバランスの取れた数字です。攻守が上手く無理をしません。太陽の星導により攻める時には攻め、月の星導によって守る時は守ります。邪道を嫌い基本を大切にするため、失敗が少なく確実に前進します。堅実を第一とする象意です。
「前半生運」
ホタカ=49は吉凶両極数の開拓運です。長所は進取の気性・チャレンジャー、短所は試練多し。火星の積極性・攻撃的エネルギーを土台とし、天王星の革新・改革の象意に導きます。よって開拓分野を積極果敢に挑戦します。チャレンジャーの象意です。火星の星導を受けると必ず頭の回転が早くなります。この49を持つ人は新世界で生きるのが向いています。但し苦しい試練は避けられません。
「後半生運」
ヤマカワ・ホタカ=119+49=168→15は大吉数の仁徳運です。長所は有徳・人望、ややお人好し。この15は水星の知恵とコミュニケーションが人脈に繋がり、そこから金星の愛が生じる大吉数です。姓名学的にはこの15を持てば、良い星導によって幸運を勝ち取ることが出来るでしょう。仁徳により人が人を呼ぶ運勢ですので、あらゆる商売に適しています。タレント業にも向いています。
「一生運」
ワ+ホ=73は吉数の遠大運です。長所は結果を出せれば凄いことに、短所はその結果を出すまでが大変。木星の成功運を土台に持ってはいますので、初志貫徹する決意があれば苦難の道も最後には達成できるはずです。冥王星の「新生」の意に繋げることが出来るということです。遠大・壮大な、とにかく大きな事柄に使うべき数です。大変な努力と時間を要する数です。
「中和運」
ヤ+カ=42は吉凶両極数の夢想運です。長所は洗練されたイマジネーション・感受性豊か、短所は現実離れ。月の持つ感情・イマジネーションの象意を土台に、金星の悦楽の象意へと導きますので夢想の象意となります。姓名学的には人名に使うと大変内向的な星導となります。しかし極まれではありますが、月の感性を金星の美に繋げることが出来た人は無類の英達をします。また月は大衆を表しますので、有名人となる場合もあります。この42を持つ人は、持ち前の緻密なイマジネーションを生かせるような仕事が向いているでしょう。
「運勢指数」
(祖先運+2)+(前半生運-3)+(後半生運+2)+(一生運+1)+(中和運-3)=-1

山川穂高選手(28歳)は176cm108kgで年俸2億1000万円の西武ライオンズ所属です。沖縄県立中部商業高校・富士大学出身で大学時代からピアノを趣味にしています。
プロ入り後は通算321試合目で100号本塁打の日本人最速記録を達成しました。
今期も開幕したばかりですがホームラン量産の「どすこい」パフォーマンスで大人気です。今後益々のご活躍をお祈り致します。

ーーーーー反撃の虚人ーーーーー

さスガノ快投エースの18番!

古神道由来の数霊術姓名判断により読売ジャイアンツの菅野智之選手を占います。
「祖先運」
スガノ=86は吉凶両極数の博愛運です。長所は愛、短所は俗世には不向き。金星の愛を土台に、水星の伝達の象意へと繋がって行きますので、愛を広げるという意味になるでしょう。従って博愛の象意となります。この86は最も金星の欲望を失う数です。博愛主義と言っても過酷なものがありますので、一般物には向かない数です。
「前半生運」
トモユキ=97→7は吉数の信念運です。長所は強い意思、短所は孤立・頑固。頑固一徹という言葉もありますが、この7がまさにそれです。よって万難を排して如何なる苦難も乗り越えるでしょう。しかし行き過ぎればプライドの高さから他人と衝突し事件となる場合もあります。深い精神性・ケートゥ(禁欲的、内向的)・神秘的・突発性。姓名学的には孤軍奮闘・果敢の象。
「後半生運」
スガノ・トモユキ=86+97=183→12は吉凶混合数の分裂運です。長所はある程度の発展、短所は中々結果が出ないですが、先般の筒香嘉智選手の後半生運12と同じですので説明は省略致します。
「一生運」
ノ+ト=39は大吉数の大物運です。長所は最後に勝つ・鷹揚、短所はたぬき。火星の積極的エネルギーを土台に、木星の成功・発展・拡大・英知の象意に繋げて行きますので、大人物のごとき鷹揚とした雰囲気を与える象意となります。英知と実行力を意味する吉祥の組み合わせとなります。この39を持つ人は政治家・実業家等の大きな発展が見込める仕事が向いています。
「中和運」
ス+キ=23は吉数の成功運です。長所は成功度No.1、短所は陽極まれば陰に転ず。社会的成功度は全ての数霊の中で最高です。但しこの数霊には強烈な弱点があります。絶対に冥王星と絡めてはなりません。素人は使わない方が良いでしょう。姓名学的にはこの23を持つ人は、無類の出世運を持つ人と言えるでしょう。例え裸一貫から出発しても社会的成功を得ます。
「運勢指数」
(祖先運-3)+(前半生運+1)+(後半生運±0)+(一生運+2)+(中和運+1)=+1

菅野智之選手(30歳)186cm92kgは東海大相模高校・東海大学出身、年俸6億5000万円の読売ジャイアンツのエース投手です。
母方の祖父は、東海大相模高校野球部の原貢元監督です。また母方の伯父は、読売ジャイアンツの原辰徳監督です。
平成最後の沢村賞を受賞し、ポストシーズン初のノーヒットノーランを達成しています。
今期は開幕から絶好調で、今後益々のご活躍をお祈り致します。

ーーーーー反撃の虚人ーーーーー

 ホーム  »  次のページ