FC2カウンター

ブログ村

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

プロフィール

管理人

Author:管理人
PL青空支所へようこそ!会員の情報交換の場としてご自由にお使い下さい。

楽天ICHIBA

楽天トラベル

FC2アフィリエイト

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブログランキング ドット ネット

消炎鎮痛剤が全身病を誘発している2

世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。

『交感神経緊張状態というのは、いつも興奮しているので、脈が速くなります。1分間に80位で、いつもタカタカ、タカタカと頻(ひん)脈状態です。すると心臓にも負担がかかって、心肥大が起こってきます。さらに血管が閉じるので、凄く身体が冷えます。指先がいつも冷たい。夏でも靴下をはかないといられない程の冷えが出てきます。もっと冷えが酷くなると、足の指が紫色になってきて、最後には腐ることすらあります。交感神経緊張状態が持続すると、ありとあらゆる病気が出てくる危険性が極めて高いのです。だからこそ、そういう状態を作り出す消炎鎮痛剤の服用にはもっと慎重になるべきです。
消炎鎮痛剤は湿布薬・内服薬・座薬と色々ありますが、どういう形で処方されても全く同じことが起こります。従って、飲み薬を止めても疲れている状態が治らないという時は、貼り薬を使っていないか、見直さなければいけません。勿論、打撲や怪我などの急性の炎症の場合には、激しく起こり過ぎる炎症を止めるために消炎鎮痛剤を使い、場合によってはアイシングなどをして冷やすということも必要です。急性期に、限られた必要な時間だけ消炎鎮痛剤を使う分には、勿論、問題はありません。
問題となるのは、慢性的な疼痛に延々と使い続けることです。消炎鎮痛剤の長期服用は、大体5年から10年の間に破綻をきたします。最後は、交感神経緊張状態によって消化管の働きが止められてしまうので食欲がなくやつれ、老化が促進されて寿命がつきるというような形で破綻することになります。そう考えると、実に恐ろしい薬です。長期にわたって服用しないように、患者の側でも自分のもらっている薬をよく知っておくことが必要です』

(今日のコメント)慢性的な疼痛→消炎鎮痛剤→5年〜10年長期服用で破綻→消化管の働き減少→食欲不振によるやつれ→老化促進→寿命が尽きる、という恐ろしい経過を辿ります。この教えでは「悟る即(すなわち)立つ」と教えて頂いています。「気付いたことは直ぐせよ」とか「後から気付いたことを先にせよ」とも言われます。腰痛や膝痛で消炎鎮痛剤を服用しながら「疼痛が中々消えない」「食欲がわかない」「全身のだるさが続く」「何だかやつれてきた」等の体調の変化に気付いた時が、治療法を見直したり他の治療法に変えてみるチャンスです。神様からの「気付き」のシグナルをもっと大切に致しましょう。

−−−−−反撃の虚人−−−−−

スポンサーサイト

消炎鎮痛剤が全身病を誘発している!

世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。

『先ほどの巻頭言に書いていた先生は、消炎鎮痛剤の薬自体に対して何の疑問も持っていないようです。今の腰痛・膝痛治療の主流は、そういう状態です。だから腰痛がすっきり治ることがないのです。
さらに、腰痛・膝痛の治療として処方された消炎鎮痛剤は局所的には血流の抑制という形で働きますが、同時に全身的にも影響を及ぼします。消炎鎮痛剤というのは経皮吸収で、必ず身体の中に吸収されて全身にまわりますから、全身の血流が抑制され、血管を閉じるので、血圧が上がります。この状態は、1週間とか2週間位続くだけなら、破綻をきたすことはありませんが、1カ月、半年と続けていると、強い交感神経緊張症状が出てきます。高血圧症や、夜眠れなくなるという症状が出るのはこのためです。他にも、肥満のある人達は糖代謝が上がって糖尿病の発症のリスクが高まります。交感神経緊張状態というのは、副交感神経緊張とメリハリのあるリズムで交替している限りは、元気が出る状態です。しかし、ずっと交感神経緊張状態のまま固定してしまうと、いつも疲れているという状態になる。もう疲れて、疲れて、いつも1日中具合が悪いというような状態になってしまいます。
すると、様々な不定愁訴が現れますから、症状毎に薬が追加されて、今度は薬漬け医療の始まりです。こう原病の所でもふれましたが、高血圧になれば降圧剤、不眠の人には睡眠薬、疲れていつも不安になる人には抗不安薬、糖尿病の人には経口糖尿薬と次々に薬を増やして行きます。よくお年寄りで、薬袋にはちきれんばかりに薬をもらって帰ってくる人がいます。そういう人達の出発点が消炎鎮痛剤の服用です。消炎鎮痛剤を服用したことによって、破綻をきたしている人は多いはずです』

(今日のコメント)上記の最後の方にありますが「薬漬け医療」には全く困ったものです。病院の会計付近で、薬が一杯入ってパンパンに膨らんだ袋を大事そうに抱えているお年寄りを見ますと、本当に可哀想です。儲けすぎて脱税に走る病院経営者の報道に接しますと、日本の医療制度のおかしなからくりに辟易します。膨大な医療費の増加により、国家財政の破綻へと突き進む日本の未来は、私達国民の1人ひとりの健康意識の改善にかかっています。

−−−−−反撃の虚人−−−−−

腰痛・膝痛が起こる仕組み2

世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。

『このように正しく腰痛や膝痛の病態の把握ができると、本来痛みというのは疲労した筋肉を助けるための反応の一側面であることが理解できます。また、筋肉のまわりのその下にある骨や関節も同じ間葉系の組織(外胚葉と内胚葉以外の組織)で、同じ血管神経支配を受けているので、筋疲労がとても強い時は血流障害が骨や関節にまで起こって、組織障害を伴うほどにまで進んでしまうこともあります。すると、治癒反応として、そういう所に血流が押しかけて行って、痛みを出しながらも治るわけです。結局痛みというのは、筋肉や関節組織を修復するために起こっている反応なので、本当は積極的に進めてやるべきことであり、止めることではないわけです。実際、しっかりと休んで血行をよくすれば治る痛みはたくさんあります。例えば、スキーをして筋疲労を起こした時に、温泉に入ったら嘘みたいに痛みが軽くなった、という経験を持って人は結構いるのではないでしょうか。同じように、腰痛・膝痛も、痛んでいる場所が血流をもっと欲している状態なのですから、治療としては、どんどん血行をよくすることが必要です。
一方、消炎鎮痛剤の作用とはどういうものでしょうか?消炎鎮痛剤は血管を開く物質であるプロスタグランジンの産出を阻害する薬剤ですから、血管を閉じるよう働きかけます。押しかける血流、押しかける痛み物質が止められるわけですから、痛み自体は一時的に止まります。しかし、血流を止めているわけですから、同時に、組織修復自体も止めてしまいます。消炎鎮痛剤は、湿布薬にも使われることでもわかるように、血流を止めるからよく冷えます。痛み物質の産出を抑えた上に冷やしてしまえば、痛みを感じなくなりますが、同時に治癒反応を止めてしまっているわけですから、結局、疲労の回復も、組織の修復も起こりません。根本的に、治癒を止めることになってしまいます。これが、消炎鎮痛剤の効能と言われているものの真相なのです』

(今日のコメント)上記の最初の方に「結局痛みというのは、筋肉や関節組織を修復するために起こっている反応なので、本当は積極的に進めてやるべきことであり、止めることではないわけです」とあります。つまり私達は「痛み」の正体をよく知らずに、お医者様から処方されるままに、消炎鎮痛剤を使用しているということになります。さらに安保先生は長年の研究の結果、消炎鎮痛剤の怖さを追求されています。それは、また次回に。

−−−−−反撃の虚人−−−−−

腰痛・膝痛が起こる仕組み!

世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。

『そもそもどうして腰痛が起こるのでしょうか。腰痛は、急性の症状では若い人にも起こりますが、中高年の患者が圧倒的です。次第に筋肉の力が衰え弱ってきて、普通の日常的な動きで筋疲労を起こすようになるからです。筋疲労が続くと疲労物質がたまって、休んだ時に痛みが出る、これが腰痛の始まりです。初めのうちはすぐに病院に行かないで我慢していても、我慢しきれなくなると、病院に行くようになります。病院に行くと、消炎鎮痛剤を処方されます。それを服用すると症状がおさまります。勿論、薬の短期間の服用でそのまま腰痛が完治してしまう人も、10人に1人か20人に1人位はいるでしょう。しかし、ほとんどは、症状が軽減しても完治することがなく、薬を服用しながら腰痛自体は少しずつ悪くなって行くという経過をたどって行きます。
筋肉疲労がたまった後に、休んだ時に痛みが出るというのはどういうことでしょうか?このあたりに、腰痛の起こる仕組みを原因から理解するカギがあります。筋疲労を起こした後で痛みが出る時には、実は、患部では血流が回復して疲労物質を取り除こうという反応が起こっています。例えば若い人でも、普段やり慣れてない重労働をすると、やっぱり翌日、あるいは翌々日に筋疲労による筋肉痛、あるいは腰痛・膝痛が出ます。若い人でも筋力が耐えられないような運動をすると疲労物質がたまるのですが、疲労物質がたまるということは、その場所に、同時に相対的な血流障害が起こっているということです。疲労物質がたまるから、必要な分の血流が送り込めません。そして、安静にした時に少しずつ血流が回復して痛みます。特に、血流を増やす血管拡張物質プロスタグランジンは発熱物質であり、痛みを起こす物質でもあるので、痛みが非常に強い時には発熱も伴います。膝痛の中には、痛みがひどく強い時には、膝のまわりの組織の発赤が肉眼で見えることもあります。赤く腫れ上がって熱を持っている、つまりは血流が回復しているわけです』

(今日のコメント)上記から筋疲労→疲労物質→血流障害→安静→血流回復→痛み・発熱(治癒反応)という腰痛・膝痛発生のプロセスがよく分かります。しかし、このプロセスを知らずに安易に「消炎鎮痛剤」を使用しますと、治癒反応を止めてしまうという怖いことになるのです。その理由は次回に。

−−−−−反撃の虚人−−−−−

腰痛・膝痛の謎を解く!

世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「慢性病の治し方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。

『死には直結しないものの、治癒の見通しが中々立たず、患者の数が伸び続けている病気が腰痛や膝痛です。日本医師会雑誌の巻頭言で、ある整形外科の先生が「日本国民の訴える症状のうちで腰痛は9.3%を占める」と言っています。他の病気・症状をはるかに引き離して首位の座を占めています。さらに、65歳以上の高齢者における腰痛の発現率を見ると、平均20%です。5人に1人は腰痛に悩んでいます。膝痛を含めるともっと多くなるでしょう。私はバスで通勤していますが、途中に総合病院があって、おばあさん達がたくさん乗り込んできます。何を話しているのかと耳を傾けてみると、やっぱりみんな「腰が痛い」とか「膝が痛い」という話をしています。1週間に1・2回顔を見かける人もいれば、中には毎日通っていると思われる人もいます。症状の重さは個人個人で異なるのでしょうが、日本の高齢者の多くが腰痛・膝痛を抱えているのは事実です。
先ほどの巻頭言の続きを読みますと、この先生は、腰痛の治療法としては、消炎鎮痛剤の内服以外には、理学療法とブロック療法の2つが多くの臨床医師にとっては身近なものであると言っています。同時に、腰痛を治すのは困難なことが多い、とも述べています。腰痛を除くのは神のワザとまで表現しています。神のワザという位ですから、きっと治すのはとてつもなく困難だという意味でしょう。さらに「消炎鎮痛剤内服以外には」と前置きしているということは、他の治療法はほとんど少数派だということでしょう。まずは必ず内服薬、あるいは外用の湿布を処方し、それでも治らないのが現実だということでしょうか。腰痛は、数年から10年という長い時間をかけて徐々に悪くなるので、あんまり深刻な問題として捉えられていないのかもしれません。しかし、その結果が、整形外科の外来に押し寄せている中高年の腰痛・膝痛の患者達だと思います。
私の見る所、ほとんどの整形外科の先生達は、消炎鎮痛剤を処方することに疑問を持っていません。しかし、私は白血球の自律神経支配の研究をしているうちに、腰痛に消炎鎮痛剤を使うのは間違っているのではないか、と考えるようになりました。免疫学から見るうちに、腰痛の謎が解けてきたからです』

(今日のコメント)「慢性病の治し方」という新しい章のご紹介に入ります。腰痛や膝痛などの慢性病に苦しんでいる方には希望が見えてくる朗報です。しかし、安保先生は免疫学の研究成果から医療や薬品業界のタブーに鋭く切り込んで行かれますので、またまた、奇妙なコメントが来るか来ないか分かりませんが、楽しみでもあります。

−−−−−反撃の虚人−−−−−

究極の健康法とは、自然のリズムに乗って生きること!

世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。

『私は若い時に、交感神経と副交感神経が1日の間に交代するように活性化しているということを発見し「自律神経や白血球の日内リズムの研究」として発表しました。続いて、自律神経が気圧の変化にも影響を受けること、1週間から10日位のリズムでも動いていること、さらに1年の内でも変化していることを研究しました。つまり、自律神経というのは、いつも揺さぶられているわけです。この揺さぶりというのは、自然環境が与えるものですから、そのリズムに逆らうことは自然に逆らうことになります。だから、こうしたリズムを無視した無茶な生き方をすると、必ず破綻をきたすのではないか。今までたくさんの症例を見てきて、そんな思いを強くしています。
日中、疲れる位に活動しないと、夜になっても休息する気になれません。また逆に、日中の興奮状態が夜になっても続いているというケースもあります。すると、夜も活動してしまって、交感神経と副交感神経のリズムが逆転して行きます。身体のリズムが自然のリズムから外れて行きます。薬の中にも興奮を持続させ、不眠などをつくるものがあります。先に述べた消炎鎮痛剤・ステロイドのほか、降圧剤・パーキンソン薬・抗不安剤・睡眠薬などがそうです。どれも長期間にわたって使ってはいけない薬です。身体の自然なリズムを破って行くことになるからです。また、高気圧は交感神経を緊張させ、低気圧は副交感神経を活性化させますから、お天気のいい時は、活動的になったり、社交的になったりして、頑張りもきくけれど、雨の日は1人になって自分を見つめるような静かな時間にして使いたいと思うのが自然です。またそんな自然の感覚に従って行くのが健康でいるための秘訣だと思います。
季節によっても、自律神経のバランスは変化しますから、生活が微妙に変わってくるのも当然です。冬は、寒さに耐えるために交感神経緊張状態になりやすいので、仕事がとてもはかどります。逆に、夏は低気圧の影響もあって副交感神経が優位になるので、夏休みはきちんととって休むべきです。できれば夏場は1カ月位休息を取るというのが、理想の生き方ではないでしょうか。
ガンやこう原病などの交感神経緊張がもたらす病気の場合は、副交感神経優位のリラックス体調にすることが何よりも大切です。しかし、健康な人が副交感神経優位になるような生活に偏っていると、しまりのない、のんべんだらりとした生き方に陥ってしまいます。さらに、それが行き過ぎるとアレルギーさえ引き起こします。
やはり人間が充実した人生を送るためには、メリハリが必要です。積極性や気迫が必要な時もあれば、リラックスしてゆっくりと休息をとる時間も必要です。そのリズムのガイドラインとなるのが、日内リズム・気圧のリズム・年内リズムに合わせて生きるということではないでしょうか。興奮と休息がほど良い揺らぎで訪れるような生き方、それは自然のリズムに従って生きることであり、身体と心の健康を保つことに通じている、そう私は考えています』

(今日のコメント)安保先生の健康維持法は「我々の身体は、自律神経が日内(昼夜)・気圧(高気圧低気圧)・年内(春夏秋冬)のリズムに揺さぶられているので、その自然のリズムに乗って生きることが健康であり長生きできる秘訣である」ということです。
以前、ご紹介しました「禅脳ウォーキング」などは、日光浴・森林浴をしながら「ありをありとして、揺らがずとらわれず」と心で唱えながらリズム良く山道を歩くわけですから、まさに自律神経と対話しながら歩く極上の健康法です。

−−−−−反撃の虚人−−−−−

病気を減らす社会をつくる!

世界的免疫学者の安保 徹先生の著書「免疫革命」の中に「健康・病気と生き方の関係」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を中心に短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。

『精神の安定を得て健やかに生きて行きたいと思っていても、やはり何もかもが、人間の力で対応したり、適応したりできるわけではありません。そのことを、現代人は忘れているような気がします。やはり自然の力というのは偉大です。気圧・気温を含めた環境というのは、今だに私達が完全に制御できるものではありません。そんな自然環境は、太古の時代のままで汚染されていない状態でも、私達の生活に直接的に影響するのですから、今の世の中のように、環境の中に汚染物質が溶け込んで行くと、相乗効果で、私達の想像を超えた力をふるうようになります。科学万能主義で勝手に利用しようとしても、所詮は、人間も自然の一部ですから、上手く行くはずがないのです。
しかし、逆に考えてみると、それ程の力ならば、逆らうのではなく、受け入れて役立てることも可能だと思うのです。例えば解決できない程の深い心の悩みを抱え込んでしまうことは、全ての人にではなくても、少なくない数の人々に起こると思います。そうした深い悩みから体調を崩してしまった場合、悩みさえ取れれば交感神経緊張状態から脱却できて、病からも解放されると分かっていても、現実には悩みにとらわれてしまって上手く行きません。日常的なレベルの心のあり方では、どうしても解決できないことがあるのです。
そんな時は、人間本来のもっと深い祈りにたどり着いたり、あるいは伝統的文化に立ち返ることで、楽になることがあるのではないでしょうか。私達はお正月に神社に行ったり、死んだ人を供養するためにお盆があったり、お葬式があったりと、様々な儀式を行いますが、そういう儀式を経ることで、悲しみから脱却したり、あるいは未来の安泰を願う心構えをつくったりしているのだと思います。たとえ科学で証明できることでなくても脱却し難い心の苦しみから真に逃れることが目的だとしたら、そのためにできることは、積極的に取り組んでいいと私は考えています。心の問題解決に向けて、文化とか、伝統をより所にして安定を得られるのなら、ぜひ立ち返って行くべきだと思います』

(今日のコメント)かつてこの教えの二代教祖様は「この世の中に現れたるものは、みな人を生かすために現れたるものと知れ」とご教示下さいました。例え病気になっても、その人が「これは、この病気を通して何か大切なことを気づきなさいと神様が教えて下さっている(神示)」と悟れば、その瞬間から快方に向かうということです。この境地は、体験した人にしか分かりませんが、体験すれば一生の宝物となります。

−−−−−反撃の虚人−−−−−

 ホーム  »  次のページ